席次表を初心者でも作れます。結婚式の席次表の作り方・席次表の書き方やペーパーアイテムのご紹介、無料テンプレート・フリー素材・ソフトの無料ダウンロード情報等、お役に立つ席次表の情報をご提供しています。
【業界初】いつでも、どこでも、片手間バストアップ!「2分26秒」超簡単バストアップ!ボディスタイリスト大澤美樹『バストアップラボ』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お気に入りにしてやってください    いつも応援ありがとうございます。人気サイト順位は......
                        


当サイトをご利用になる際は、席次表 - サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。


簡単席次表印刷「席次くん」のご紹介


このソフトは、完全自動化されたソフトです。

私が、推奨する コネクスソフトの「Excelで簡単!結婚式披露宴席次表作成ツール」は、

自動編集機能に加え、わがままな編集ができるソフトです。 .....が


それに対抗するこのソフトは、同じ低価格で、自動編集機能のみのソフトです。

裏を返せば、一切!手作業による修正ができません。



パソコン音痴の方、または、EXCEL・WORDが苦手な方は、このソフトがオススメ!!

難点なところは、完全お任せ編集なので、レイアウト体裁を気になさる人は、やめられた方がいいです。

とにかく、操作が簡単で、分かりやすいのが魅力です。

操作イメージを掴みたい方は、下記の紹介ページを参照してください。

簡単席次表印刷「席次くん」使用方法 紹介ページです。



私、個人の意見としては、自動編集後の修正作業が一切できないのが致命的で、「座る場所さえ分かればいいや」程度の席次表は作りたくないのが本音です。

もし、それでもいいやとお考えならば、この2点だけ、ご注意してください。
①名前入力は、7文字固定入力した方がよいです。
    姓(3桁) スペース(1桁) 名(3桁) の計7桁入力が基本
    氏名が7文字以上の場合は、そのままフル入力
②テーブル左列・右列とも2名以下は、均等配置(上下)はできません。
   均等配置揃え指定は、下揃え
   上揃え指定は、上揃えの二通りしかできません。

体裁は、保証できません。お試し版をダウンロードして確かめてください。
ちなみに、何も手を加えずに自動作成したものをサンプル画像として下記に載せました。

<サンプル画像>

席次表サンプル画像




<ここから ベクター表記内容>
「ベクター」 にて、簡単席次表印刷「席次くん」 シェアウェア ダウンロード

簡単席次表印刷「席次くん」 ベクター表記内容

ドラッグ&ドロップなどの簡単な操作で、結婚式・披露宴用の席次表を作成・印刷できるソフト


対応OS : Windows XP/Me/2000/98
種 別 : シェアウェア(1,995円)
試用期間中は、印刷時に「試用中」の文字が印刷される


席次表を手軽に作成・印刷できるソフト。

「席次くん」は、結婚式や披露宴会場の見取り図で、

出席者の着席位置を案内する「席次表」を作成・印刷するための専用ソフト。

簡単な操作で、見栄えのよい席次表を作成できる。

複数の披露宴を登録することが可能で、

何組もの式を担当する結婚式場関係者の利用にも適する。

ユーザが行う操作は、

  • テーブル数とテーブル位置の決定
  • 出席者の登録と着席位置の指定

の二つ。

この操作を行うだけで、見やすい席次表が完成する。

どちらを先に行うかは自由。


例えば「出席者を確定して人数を把握し、テーブル数を決定する」という流れで作成すればよい。


会場に配置するテーブルの数は、縦方向1~5段横方向1~5列

最大25台までのテーブルを配置できる。

テーブルは、ドラッグ&ドロップで会場の好きな位置に並べることが可能。

テーブルの形状は円型、四角、長テーブルから選択できる。


出席者情報の入力・登録は、

1件ずつ手入力で行うことも、CSVファイルを読み込ませて行うことも可能。

年賀状作成などに利用した宛名データがあれば、データファイルを活用して登録できる。


「様」「殿」といった敬称に加え、

「代表取締役」「社長」のような肩書きを二つまで指定できるようになっている。


着席位置の指定は、

着席していただくテーブルに出席者名をドラッグ&ドロップして行う。

テーブル内の着席位置の移動も簡単に行える。

テーブルに「月」「花」のような名前を付けることも可能だ。


雛壇も設定できる。新郎・新婦に加え、

それぞれ二人ずつを新郎・新婦の左隣、右隣に着席するよう指定できる。


そのほか、席次表に背景画像を指定することもできる。

縁起のよい朝日が昇る図や富士の写真などを背景にした席次表を印刷することが可能だ。



席次表は、ワープロソフトなどを利用して作成することもできるが、

微妙な位置合わせが難しく、思った以上に時間がかかってしまう。


ExcelやPowerPointの図形描画機能を利用して、

テキストボックスに芳名や肩書きなどを入力・配置してゆくのも有用な方法だが、

欠席者や新たな出席者があれば、

一つひとつ手作業で全員の座席位置を修正する必要がある。


筆者は、Excelを利用して歓送迎会や忘年会、

新年会等の席次表を作成しているが、「席次くん」を試用してみて、

便利さを実感した。


CSV形式ファイルの読み込みに対応しているので、

年賀状や暑中見舞い、住所録などのデータを活用して出席者として登録できる。

出席者が決まれば、「誰がどのテーブルに座るのか」を指定すればよい。


(1)テーブル数とテーブル位置の決定→(2)出席者の登録と着席位置の指定、

の順に操作しなくても、出席人数を先に確定して、

そのデータから逆算してテーブル数や配置を決めることもできる。



お気に入りにしてやってください    いつも応援ありがとうございます。人気サイト順位は......
                        


当サイトをご利用になる際は、席次表 - サイトポリシーの内容をご確認の上、
ご利用ください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://weddingtable.blog81.fc2.com/tb.php/33-2c208d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。